債務整理で和解といえば任意整理、その手続にかかる期間とは?

 

債務整理には、任意整理・自己破産・個人再生の手続があり、それと関連して過払い金の請求の手続があります。

 

このうち、債務整理の和解の手続というと、主に任意整理の手続をさします。

 

債務整理の手続のうち任意整理は特に経験と法律知識が必要となるので、借金をした本人が自分で手続を行うのはむつかしいので、弁護士・司法書士などの専門家に依頼し、手続を代理して行うことになります。

 

任意整理の和解手続

 

任意整理は、裁判所で行う自己破産・個人再生と違い、基本、代理人である弁護士・司法書士が、貸金業者と裁判所外で、借金の額の減額、返済の方法などについて和解交渉し、3〜5年で和解額を分割返済していくようにする手続です。

 

いくら減額できるか

 

基本的には和解後の将来利息のカットができます。

 

場合によっては利息の引き直し計算により過払い金が発生している場合はその金額、債権者に有利になるように分割払いの頭金を入れたり、返済期間を短くするなど専門家の交渉により遅延損害金、場合によっては元金の減額も見込める場合もあります。

 

任意整理の和解の期間

 

任意整理の和解の期間は、貸金業者や、貸金業者の数により差はありますが、だいたい3〜6か月です。

 

手続の手順

 

任意整理の相談〜和解完了までの手順は以下のとおりです。

 

無料相談

 

弁護士・司法書士が無料相談で面談し、どの債務整理が最適か、債務整理の方針を決めます。

 

任意整理を依頼(受任)

 

弁護士・司法書士に依頼すると、専門家が代理人として任意整理の手続を行うことを、貸金業者に通知します。

 

この受任通知が送達されると借主への取り立て、催促が止まります

 

また、借金の額を確定するため、各貸金業者に取引明細の送付を依頼します。

 

取引明細が貸金業者等から送られてくるのに1〜2か月かかります。

 

ここまで、およそ2か月かかります。

 

利息制限法による引き直し計算

 

受任通知を貸金業者等に送ると1〜2か月で取引明細が送られてきます

 

この取引明細を元に、利息制限法による引き直し計算をし、過払い金の有無を確認し借金の残額を確定します。

 

債権者との和解交渉

 

借金の残額が3〜5年で返済可能な金額であれば、貸金業者等との任意整理の和解手続を開始します。

 

和解交渉

 

貸金業者との和解は、一般的には借金残額を3〜5年の分割払いにする、和解後の利息(将来利息)を免除(カット)してもらうという内容で行います。

 

任意整理は、裁判所外の任意の和解交渉なので、貸金業者の同意が必要となるので、和解に応じてくれない貸金業者も出てくる可能性もあります。

 

こんな時は、和解に応じてくれない貸金業者は、任意整理から除くことがあります。

 

貸金業者との和解の交渉は、貸金業者が多い場合、少し時間がかかるので、全ての和解手続き完了まで3〜6か月かかる場合があります。

 

ここで、任意整理の和解の手続きが完了することになります。

 

分割金の支払い開始

 

全ての貸金業者との和解手続が完了したら、和解条件に従って、借金の分割払いを開始します。

 

弁護士・司法書士に債務整理を依頼した場合、各貸金業者に支払う毎月の弁済金は、弁護士・司法書士事務所にまとめて支払いし、各事務所から各貸金業者に振り込むというのが一般的な手続です。

 

任意整理した貸金業者が、1社、2社と少ない場合は、払い忘れのリスクが低いので、自分で直接貸金業者に振り込みしてもいいかもしれません。

 

 

和解後は、3〜5年をかけて和解した金額を分割払いしていかなくてはなりません。

 

もし、分割払いの支払が滞った時は、一括弁済を迫られますので、個人再生・自己破産などの債務整理の方法を選択することになります。

 

再度の任意整理も不可能ではありませんが、返済ができなくなってからの再和解は、貸金業者のほうも応じてくれない可能性が高いのでなかなか厳しいですね。

 

任意整理のデメリット

 

任意整理をすると今後5年間は、新規の借り入れはできなくなり、クレジットカードも作れなくなります。

 

住宅ローン・自動車ローンなど各種ローンも組めなくなり、いわゆるブラックリストに載った状態になります

 

まとめ

 

債務整理の和解、すなわち任意整理の手続期間は3〜6か月、和解後の分割払いの期間は3〜5年、ブラックリストの期間は5年となります。

 

任意整理の手続は、

 

弁護士・司法書士に依頼
受任通知・取引明細の請求
引き直し計算
任意整理案の作成
貸金業者との交渉
和解成立後に分割払い開始

 

という流れです。

 

任意整理の手続を専門家に依頼すると、破産・個人再生と違って、借主本人はなにもすることがありません。

 

というか、代理人である弁護士・司法書士が和解交渉を進めてくれるので、任意整理の期間中は自分でする手続はありません。

 

そのため手続がどのように進んでいるか不安になることもあるかと思いますので、弁護士・司法書士に進捗情報を聞いてみることが大切です。

 

和解交渉後の支払いが長期間続きますので、この期間にしっかり覚悟を決めてください。

 

債務整理和解までの期間

 

うまく債務整理を使うことで、借金問題を解決しましょう。

 

債務整理には色々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットが存在し、自分の債務状況や返済能力もろもろを加味した上で、複合的に判断する事が求められます。

 

最も人気なのは任意整理で、それほど多くない債務を小さなデメリットを背負い、確実に返済していく方法です。

 

任意整理をするためには、債権者との話し合い、つまり和解合意が必要ですが、和解までの期間は長くとも3〜6か月程度を見積もっておけば良いでしょう。

 

 

意外と和解までの期間が長い印象を受けるかもしれませんが、交渉次第です。

 

手慣れた弁護士・司法書士なら3ヶ月程度で話をまとめることもありますし、債権者がたくさんいたり、任意整理の和解交渉に強硬姿勢を貫く債権者相手だと半年くらいかかることもあります。

 

 

ところで、気になるのが債務整理を思い立ってから和解までの期間が長いと期間中の返済はどうなるかという点ではないでしょうか。

 

 

債務整理(任意整理)を行う際には、まず債権者に対して受任通知というものを送付します。

 

さて、これを受け取った債権者は一時的に取立てを停止しなければならない決まりがあるのです。

 

任意整理の和解が成立するまでは、借金・利息等の支払は停止しますが、和解までの借金は和解後に分割払いでしっかり払わなくてはなりません。

 

 

しかし、和解後の利息はカットしてもらうことになるので、利息ばかり支払って元金がちっとも減らないということはなくなります。

 

任意整理は、3〜5年で返済できるだけの借金を分割払いする方法なので、誠意を持って支払いを継続すればかならず借金はなくなります

 

 

その点では将来が見える債務整理の方法といえます。