債務整理後のクレジットカードやカードローンはどうなる?

 

債務整理を検討していると、今使っているクレジットカードや、カードローンが使えるのか、使えなくなるのか?

 

今使っていたクレジットカード、カードローンは使えなくなるのはしかたないとしても、使っていないクレジットカードや、借り入れをしていないカードローンは、今後も使えないだろうかという疑問があるかと思います。

 

このページでは、使っていないクレジットカードなどが、債務整理後には使えなくなるかどうか、その対策方法はどんなことがあるのかについてご紹介します。

 

不安なまま債務整理に着手することなく、しっかりと理解して行動を起こしてください。

 

債務整理相談

 

債務整理後は、基本的にクレジットカードが利用できない

 

結論からいいますと、債務整理の種類(任意整理・個人再生・自己破産・特定調停)を問わず、債務整理後ある一定の期間は新しいクレジットカードも作れないし、住宅ローン・自動車ローンも組めなくなります。

 

クレジットカードが利用できなくなるのが、債務整理の最大のデメリットです。

 

ブラックリストに載る

 

債務整理をすると、信用情報機関に、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・特定調停など)をしたことが事故情報(異動情報)として載ることになります。

 

この状態がブラックリスト載っているという状態です。

 

新規のクレジットカードの作成の申込みをすると、与信調査として、住所・氏名・年齢・勤務先・勤続年数・年収・持ち家の有無・家族構成などの情報の調査のほかに、ブラックリストに載っている(信用情報機関に債務整理の事実が記録されている)かどうかということも、重要な調査事項のひとつです。

 

クレジットカードの申込みをすると、カード会社が与信調査として必ず信用情報機関の個人信用情報を参照するので、債務整理をしたということが発覚し、クレジットカードの発行はできないことになります。

 

債務整理していないクレジットカード

 

債務整理相談

 

債務整理の方法が任意整理で、債務整理しなかった貸金業者のクレジットカードは、債務整理後も使える場合があります。

 

しかし、クレジットの更新時の与信調査や、不定期の与信調査で、債務整理をしたことがわかれば、それ以降はクレジットカードは使えなくなります

 

個人再生・自己破産の場合

 

個人再生・自己破産の場合は、裁判所で、全ての債権者(貸金業者、クレジットカード会社)を相手に債務整理することになるので、債務整理申立後は、すべてのクレジットカードは当然使えなくなります。

 

もし運良く使えるカードがあったとしても、債務整理後に使うと、個人再生の決定や自己破産の免責ができなくなるので、使ってはいけません。

 

債務整理後は使えない

 

以上まとめますと、任意整理・個人再生・自己破産などのいずれの債務整理の場合でも、債務整理をしたクレジットカード・使わずに残していたクレジットカードのいずれも、債務整理後は時期の前後はありますが、遅かれ早かれ使えなくなってしまいます。

 

その期間は債務整理の方法により5〜10年は使えません。

 

クレジットカードが使えないのは、デメリットではありますが、債務整理後に大きな買い物もできないし、手持ちのお金の範囲内で生活するという習慣も身につきますので、その面からしたらメリットに働きます。

 

デビットカードは作れます

債務整理相談
債務整理をすると、信用情報機関での与信調査が入るキャッシング(お金が借りられる)のクレジットカードは作ることはできませんが、銀行口座の残高の範囲内で決済できるデビットカードは、作ることができます。

 

デビットカードは、お金を借りることができないので、与信調査の審査はありません。

 

なので、だれでも作ることができます。

 

お金を借りることはできませんが、デビットカードで買い物もできるので、常に現金を持ち歩く必要もなく、ネットでのお買い物もデビットカードでできるので、債務整理後の強い味方になります。

 

デビットカードは、ネットショッピングなどの一括払いでの支払いに利用するのが基本ですが、電気・水道・ガスなどの公共料金、携帯電話の支払・プロバイダーの支払・NHKの受信料など、月払いの支払に対応するデビットカードもあります。

 

債務整理相談