債務整理の無料相談

 

消費者金融やカード会社からの多額の借り入れで、借金問題に苦しまれている方の解決手段として、債務整理という方法があります。

 

債務整理とは、債務、つまり借金を整理(解決)ことで、借金問題を解決する方法をいいます。

 

債務整理の種類

 

債務整理相談

 

債務整理の種類は一般的に、貸金業者との交渉で借金を減らす「任意整理」、裁判所に申し立てして借金を免除してもらう「自己破産」、裁判所の手続で借金を大幅に減額してもらう「個人再生」の手続と、払いすぎた利息の返還請求をする「過払い金の請求」があります。

 

これらの法的などの手続で借金問題を解決していけばいいかの判断は、自分では判断できないので、専門家に相談してみては?ということなのです。

 

債務整理を誰に相談すればいい?

 

債務整理相談

 

借金問題、債務整理で困ったときは法律の専門家、弁護士や司法書士に依頼することになると思うのですが、やっぱり弁護士は少し敷居が高いかもしれません。

 

特に地方ですと、弁護士さんの数も少なく、やはり絶対数の多い司法書士の事務所に相談することになると思います。

 

もし、知り合いの司法書士がいればその方にまず相談してみましょう。
知り合いなので、無料で相談に応じていただけるのではないかと思います。

 

その司法書士の方が債務整理の専門家で、借金問題に強い方なら依頼すればいいと思います。(※1)

 

仮に、債務整理をやられていない方でしたら、地元で債務整理を中心にやられている、経験もある司法書士を紹介してくれるでしょう。

 

司法書士は、140万円以下の任意整理しか代理人になれない(※1)

 

ただし、司法書士が本人の代理人として債務整理の交渉・手続をできるのは、借金の額が140万円を超えない任意整理や過払い金の請求手続の場合です。

 

司法書士は、借金の額が140万円以下の簡易裁判所が管轄となる借金問題でないと貸金業者等との交渉や代理人として裁判所で手続をすることができません。

 

そのため、140万円以上の任意整理・過払金返還請求や、地方裁判所での手続となる自己破産・個人再生は、代理人となれませんので、弁護士に頼むしかありません。

 

ただし、それほどむつかしいケースでなければ、書類だけ司法書士に作成してもらい、司法書士のアドバイスで自分で手続をするという方法もあります。

 

しかし、債権者との交渉はできない、裁判所に出頭する時間がとれない、法律のことを勉強するのがめんどくさいと思われる場合は、最初から弁護士に債務整理の代理人として依頼する方が、間違いなく手続をスムーズに進めることができます。

 

債務整理相談

 

司法書士が費用が安い

 

以上のように、司法書士には債務整理の交渉・手続に制限があるので一般的に、手続費用が安い司法書士に依頼するメリットは多いです。

 

総額が300万でも、借金をした1社で考えると140万円を超えないケースは多くあるので、債務整理に専門とする司法書士事務所なら、弁護士事務所に依頼しないでもアドバイザーとして十分活躍してくれます。

 

債務整理は無料で相談可

 

最近では、債務整理を専門としている弁護士・司法書士事務所では、相談は無料で行ってくれるところがほとんどです。
債務整理に要する費用についても分割払いにも対応しています。

 

弁護士・司法書士事務所がたくさんある地域にお住まいの方なら、インターネットで検索してみて、事務所を何カ所か周り、自分が相談しやすい事務所、もちろんこちらの話を聞いて要望に応えてくれるところがいいのはもちろんですが、あなたの話を聞いて、相談されたケースでは希望する債務整理の方法は無理だとはっきりアドバイスしてくれるところを選択することも必要です。

 

債務整理相談

 

法テラスに相談してみる

 

法テラス(日本司法支援センター)は、日本全国どこでも法的なサービスを受けられることを目的に設置されている公的な機関です。

 

特に経済的に余裕のない方のために法律相談や、債務整理のための弁護士や司法書士の費用を立て替えてくれる「代理援助」書類作成援助」などを行っています。

 

まずは法テラスのサポートダイヤル(0570−078374)に電話で相談してみましょう。

 

あなたの債務整理の悩みを聞いて、適切な相談窓口をご案内してくれます。
債務整理についての相談でしたらお近くの法テラスを紹介してくれますし、また、近くに法テラスの事務所がないようでしたら、法テラスと契約している全国の弁護士・司法書士のなかからお近くの事務所を紹介してくれます。

 

相談費用については、収入や資産が条件を満たせば3回まで無料相談可能ですし、法テラスや法テラス提携の弁護士・司法書士は基本債務整理に必要な一定の費用を立替してくれます。

 

立替金は、数千円の分割払いで返済していけばいいし、生活保護を受けていればその費用も免除となります。

 

自分に合った弁護士・司法書士を選べば、債務整理に要する費用も、一般の事務所と比べて低額な場合が多いので選択肢のひとつに入れてください。

 

任意整理の無料相談

 

債務整理相談

 

借金の返済に困ったら、まずは任意整理を検討してみましょう。

 

全てのケースで最善とは限りませんが、多くの借金問題を解決する糸口になりそうです。

 

任意整理は、利息制限法まで利息の引き直し計算をし、基本将来利息をカットした上で、残債務を分割払いで支払っていく方法です。

 

この手続は、裁判所は関与せず、弁護士・司法書士が貸金業者等と交渉して残債務の額や返済方法を話し合います
自己破産のように全債権について整理する必要はなく、返済の額を減らせる借金を選択して交渉することができます。

 

財産を全部処分しないといけない自己破産に比べると、必要な財産(車・自宅など)を処分しないで、自分に有利な借金のみ整理できるのでデメリットが小さいので、最初に検討したい債務整理の方法です。

 

しかし、任意整理にもデメリットはあります。

 

任意整理をすると、今後5年間は借り入れができない、クレジットカードが作れないなど、いわゆるブラックリストになってしまいます。

 

また、任意整理の効果として、法定利息で借金をしている場合などは、利息の引き直し計算による減額ができないので、自己破産・個人再生のように借金の減額が思ったほどできないことがあります。

 

このように、デメリットは確かに存在するため、本当に任意整理をして良いのか分からなくなる事もあるでしょう。

 

弁護士・司法書士に正式に依頼する前に、そのあたりの見込みを無料相談で確認してみると不安も解消できるかもしれません。

 

まず弁護士・司法書士に無料相談をして、納得した上で契約という流れにしましょう。

 

無料相談では、任意整理ができるかどうかという確認から、返済までの流れが確認できます。

 

しっかり返済する事が前提ですから、任意整理をするだけの支払い能力がないと弁護士・司法書士が判断した場合は、依頼を引き受けてくれない事もあるかもしれません。

 

ただ、その場合はあくまでも任意整理ができないだけで、任意整理外の方法、つまり借金問題を解決する別の方法を提案されるかもしれません。

 

相談は、全ての弁護士・司法書士事務所が無料で行っている訳ではありませんが、債務整理を専門とする弁護士・司法書士事務所では、債務競りに関する相談は基本無料となっています。

 

無料だから、有料だから優秀ということではなく、無料相談で気軽に相談できるので多くの方が利用する傾向にあり、多くの方が利用すれば、それだけ任意整理の実績が増えるので、そういった事務所が信頼できる弁護士・司法書士であると結果的にいえます。